Blogブログ

第3-2回:変数(配列)にいろいろ入れてみよう!

2013/02/05

今までの変数は「文字列」を入れたり「数字」を入れたりでした。

今回使うのは「配列」という型で、arrayともいいます。

配列は非常に便利なので是非ここで覚えて下さい。

初期化する場合は

$a = array();

で初期化できます。これで $a は配列型(array)になります。

配列を使ってみよう

使い方は下記のような感じです。

<?php
	$fruits[0] = "ブドウ";
	$fruits[1] = "リンゴ";
	$fruits[2] = "梨";
	$fruits[3] = "イチゴ";
	$fruits[4] = "オレンジ";
?>

番号の部分を添え字と言います。

[]の中に番号を指定するとその番号に任意の値が入ります。

<?php
	$fruits[] = "ブドウ";
	$fruits[] = "リンゴ";
	$fruits[] = "梨";
	$fruits[] = "イチゴ";
	$fruits[] = "オレンジ";
?>

番号を指定しないと、配列は0番目からスタートします。

print $fruits[0]; とすると「ブドウ」と表示されます。

また、添字を任意の名前にすることもできます。

入れ子にすることもできます。

名前を指定する時はシングルクオテーションでくくります。

<?php
	$fruits[0]['name'] = "ブドウ";
	$fruits[0]['price'] = "100円";
	$fruits[1]['name'] = "リンゴ";
	$fruits[1]['price'] = "200円";
	$fruits[2]['name'] = "梨";
	$fruits[2]['price'] = "250円";
?>

という感じで値を保持できます。

一つのグループの値をまとめて保持できるのでとても便利です。

他社より断然お得で使いやすい
”アクトのWEB制作”
ACTホームページ相談窓口 / 
システム開発相談窓口