Blogブログ

WordPressの記事を投稿すると自動でTwitterに投稿するプラグイン(Simple Tweet)

2012/11/08

世の中にはいろいろなCMSが存在していますが、このサイトで使っているのはWordPress

というCMSです。

WordPressは便利なプラグインがたくさんあります。

その中で記事を書くとTwitterに自動で投稿する、Simple Tweetというプラグインのインストールの仕方を紹介します。

(このインストールにはちょっと手こずったので記事にしておきます。)

1、まず、Tweeterのアカウントを取得します。→Tweeterはコチラ

2、次にSimple Tweetをダウンロード。→Simple Tweetはコチラ

3、ダウンロードするとsimple-tweet.1.3.8.3.zipというzipファイルが出来ます。
  (1.3.8.3の部分はバージョンなので、バージョンが上がればここの数字は変わります。)

4、simple-tweet.1.3.8.3.zipを解凍すると

という感じでsimple-tweet.1.3.8.3フォルダの中にsimple-tweetフォルダが作成されます。

5、このsimple-tweetフォルダをフォルダごとpluginsフォルダにFTPソフトなどでアップロードします。

pluginsフォルダは通常 ワードプレスが入っているフォルダ/wp-content/plugins/にあります。

6、ブラウザから自分のワードプレスが入っているダッシュボード(管理画面)に行ってログインし、
  メニューの「プラグイン」の中にあるSimple Tweetを有効化します。

7、次にダッシュボードの「設定」の中にあるSimple Tweetをクリックすると下記のような画面になるので
  「Twitterにアプリケーションを登録する」をクリック。
  これに登録する事により「Consumer Key」と「Consumer Secret」を入手できます。
  ※OAuth認証とは簡単に言うと外部からのアプリケーションが自分のツイッターのアカウントを
  操作する時の通信セキュリティが強化された感じのものという感じだと思います。

8、このページの1番で登録したユーザー名とパスワードを入力します。

9、Create a new application をクリック

10、いろいろ項目が出てくるので入力します。
   Name:アプリケーションの名前
   Description:アプリケーションの説明
   WebSite:ウェブサイト
   を入力。
   私は、ここの入力の時に何を入力するのかよくわからなかったので、
   NameとDescriptionは適当に入力WebSiteは自分のサイトを
   入力しました。とりあえずこれで入力は大丈夫でした。(Callback URLは未記入)

   

   下の方に行き、上の文章に同意したらYes,I agreeのチェックボックスにチェックを入れ、
   その下の場所のテキストボックスに上の文字を入力し、
   Create your Twitter applicationのボタンをクリック。

11、登録すると[Consumer Key]と[Consumer Secret]が表示されるので、それを控える。

12、下記画像のMy applicationsをクリック

13、下記画像の矢印の位置に先ほど自分でつけた名前のアプリケーションの名前が書いてあるので
   それをクリック。

14、下記画像のSettingsをクリック

15、下の方に行くと「Application Type」という所があるので「Read and Write」を選択する。
   (はじめはRead onlyになっていると思います。)
   一番下まで行き、「Update this Twitter application’s settings」ボタンを押す。

16、[Consumer key]と[Consumer secret]を忘れてしまった場合はこのページの見出しの
   14番の画像の[settings]の横にある[OAuth tool]をクリックすると確認できます。

17、自サイトのワードプレスのダッシュボード(管理画面)に戻り「設定」→「Simple Tweet」を選択し
   先ほどの[Consumer key]と[Consumer secret]を入力し、設定を保存。

18、下記画像の「あなたのプロフィール」をクリック

19、「アカウントを承認するためにリンクをクリックしてTwitterに移動します」をクリック

20、Twitterに移動するので「連携アプリを認証」をクリック。
   そうするとPINコードが画面に表示されるので、それを控える。

21、PINコードを入力し、保存すれば完了です。
   PINコードの画面が消えてしまっていたら、
   ダッシュボードの「ユーザー」→「あなたのプロフィール」からでも該当の画面に行けます。
   

   「Twitterでツイートする言葉」等自分でカスタマイズできるのでいじってみるのもいいと思います。

かなり長いですが、頑張って登録してみて下さい。
これで新規の記事を書けば自動でTwitterに投稿されます。

他社より断然お得で使いやすい
”アクトのWEB制作”
ACTホームページ相談窓口 / 
システム開発相談窓口