Blogブログ

川崎で活躍する吉澤行政書士事務所

2016/10/23

また間が空いてしまいましたが、この度以前よりお付き合いのある吉澤行政書士事務所さまのホームページをリニューアルさせて頂きました。

yoshizawa_l
川崎で活躍する吉澤行政書士事務所 http://y-gyosei.net/

 

お客様と打ち合わせの結果

・ランディングページの作成

・リスティング広告の活用による集客

・吉澤行政書士の一番の売り「お客様目線での無料相談」「相続や会社設立等のお悩みに対して気軽に相談できる窓口」を強調

・ホームページは分かりやすく、スマホ(レスポンシブ)化

以上の要素を盛り込んだ、ホームページが完成いたしました。

ホームページとは作って終わりではない代物なので、ここから先がクライアントも制作側も力を合わせて協業してよりよりホームぺージにしていく必要があると思ってます。

※リスティング広告は使い方によっては非常に有益なもので、自慢の御社の製品・商品を全世界に売り出すチャンスとなります!

是非ご検討下さい♪

基本的に手数料として広告出稿金額の20%となります。そのほか業種によっては成果報酬制での対応も可能です。

気軽にご相談下さい。

他社より断然お得で使いやすい
”アクトのWEB制作”
ACTホームページ相談窓口 / 
システム開発相談窓口

PHPで任意の文字数以上を…にしたい

2016/10/22

表示文字数が決まっていて10文字以上は…にしたいという場合ありますよね?

今回はそんな時に便利な関数についてです。

<?php
 function myMb_truncate ( $str , $length = 20 , $etc = '...' ) {
     if ( $length == 0 ) { return ''; }

     if ( mb_strlen ( $str , 'utf8') > $length ) {
         return mb_substr ( $str , 0 , $length , 'utf8' ).$etc;
     } else {
         return $str;
     }
 }
 $str = 'あいうえおかきくけこさすせそ';
 $length = 10;
 echo myMb_truncate ( $str , $length );
?>

今回指定したのは10文字なので   あいうえおかきくえこ…    と表示されます。
任意の文字数に満たない場合は…はつかずそのまま表示されます。
文字コードの部分は適時変えて下さい。

他社より断然お得で使いやすい
”アクトのWEB制作”
ACTホームページ相談窓口 / 
システム開発相談窓口

WordPressのブログデータをホームページに読み込む方法

2016/09/09

ワードプレスで書いた記事のタイトル(件名)と日付等のデータを取得してホームページに読み込んでリンクを貼りたいという場面があると思います。

今回はそんなやり方の一例を紹介したいと思います。(トップページにブログ更新履歴を載せるという場合を想定しています。)

同一サーバーにWordPressとホームページがあるという事が条件です。

phpでデータを取得・表示します。

——————————————————————————-

プログラムは下記に書いておきます。流れとしては

——————————————————————————-

■1■

ワードプレスのファイルを読み込む

パスが違う場合はパスを変更してください。

——————————————————————————-

■2■

何件分データを読み込むかを指定(5の部分を変更する)

——————————————————————————-

■3■

データをループさせて配列に格納

$myblogという配列にデータが入ります。

・$myblog[$i][‘time’]に該当記事の投稿された年月日
・$myblog[$i][‘link’]に該当記事のURL
・$myblog[$i][‘title’]に件名
が入ります。

——————————————————————————-

■4■

時間まで取得したい場合は

get_the_time( ‘Y.m.d’ );

get_the_time( ‘Y-m-d H:i:s’ );

と変更してもらえば取得できます。

配列に格納する必要がなければget_を取って

the_time( ‘Y.m.d’ );

the_permalink();

the_title();

とするとechoしなくてもhtml出力されます。

——————————————————————————-

■5■

var_dump();で配列の中身を確認できるのでecho等でホームページのデザインに合わせて画面出力してみてください。

——————————————————————————-

//■1■

パスが違う場合はパスを変更してください。

require_once( dirname(__FILE__) . '/wp-load.php' );
 

//■2■

query_posts( 'posts_per_page=5' );

 $i = 0;
 $myblog = array();

//■3■

 while ( have_posts() ) : the_post();

     //■4■
     $myblog[$i]['time'] = get_the_time( 'Y.m.d' );
     $myblog[$i]['link'] = get_the_permalink();
     $myblog[$i]['title'] = get_the_title();
     $i++;
 endwhile;
 unset ( $i );
 //■5■
 //var_dump($myblog);
他社より断然お得で使いやすい
”アクトのWEB制作”
ACTホームページ相談窓口 / 
システム開発相談窓口