Blogブログ

nginx(centos7)+phpMyadmin一般設定サーバ接続の照合順序を変更する

2018/06/27

mysqlデータベースの照合順序をutf8_general_ciに変更したのつもりですが、変更してもログアウトするとutf8mb4_general_ciになるという珍事が発生。
あれこれ調べましたが以下で解消しました。

xxxは環境次第ですので変えて下さい
vim /xxx/xxx/phpMyAdmin/config.inc.php

$cfg[‘DefaultConnectionCollation’] = ‘utf8_general_ci’;

mysql再起動

※実はこの前にphpMyadminのバージョンも最新版(4.8.2)にしました。

と記事を書いた後にもっと詳しい情報があったのでこちらもどうぞ
http://www.astroworks.co.jp/blog/blog_1341367298.html

他社より断然お得で使いやすい
”アクトのWEB制作”
ACTホームページ相談窓口 / 
システム開発相談窓口

nginx SVGを有効 confに追記

2018/06/21

1 mimeタイプにsvgを確認
cat /etc/nginx/mime.types
————————————–
image/svg+xml svg svgz;
————————————–

2 nginx.confを開く
vim /etc/nginx/nginx.conf
————————————–
##
# Gzip Settings
##
gzip on;
gzip_disable “msie6”;

gzip_vary on;
gzip_proxied expired no-cache no-store private auth;
#compression level
gzip_comp_level 6;
gzip_min_length 1000;
gzip_buffers 16 8k;
gzip_http_version 1.1;
# files to gzip
gzip_types text/plain text/css application/json application/javascript text/xml application/xml application/xml+rss text/javascript image/svg+xml;
————————————–

3 nginx -t
  service nginx reload

他社より断然お得で使いやすい
”アクトのWEB制作”
ACTホームページ相談窓口 / 
システム開発相談窓口

gitが古かったので更新CentOS7(CentOS6.X)

2018/05/27

確認したところ1.7.1と鬼古だったので更新
またググるとほとんどの記事がソースコードからインストールしていて、make installしていたりして、今後更新や削除するときに不便だったので、以下の通りやって終了。
かなりシンプルでyum remove時も問題が起きないので良い。

1古いgit削除
yum remove git

2ソース元参照
http://opensource.wandisco.com/centos/7/git/x86_64/

3インストール
3-1
centOS7の場合
yum install http://opensource.wandisco.com/centos/7/git/x86_64/wandisco-git-release-7-2.noarch.rpm
centOS6の場合
yum install http://opensource.wandisco.com/centos/6/git/x86_64/wandisco-git-release-6-1.noarch.rpm
3-2
yum install git

Complete!

他社より断然お得で使いやすい
”アクトのWEB制作”
ACTホームページ相談窓口 / 
システム開発相談窓口